前節またしてもアウェーでつまらない試合を披露し、連勝できずにホームへ戻ってきたコンサドーレ札幌。今節の相手は札幌より1つ順位が上のファジアーノ岡山です。気温も上がり、外での観戦も気持ちいい陽気となった厚別での開幕戦を迎えました。

選手だけではなく、布陣も変更

前節の試合終了後、選手変更を示唆していた石崎監督。基本の4-2-3-1から4-1-4-1(登録通りなら4-1-3-2?)へ布陣も変更。1トップには頼もしくなってきた宮澤、その後ろに近藤、ブルーノ、アンドレジーニョ、古田という並びで前線を厚くしてきました。4-1-4-1自体は石崎監督になってから何度もやってきている布陣ですが、今年は初めてですね。

この布陣変更は、攻撃の厚みをつけるだけではなく、前の守備力を高め、岡山の攻守の要であるストヤノフをケアする意味合いもあったようです。全盛期ほどではないにせよ、ブルガリア代表経験のあるストやんをフリーにしてしまうと、最後方から精度の高いボールをがしがし蹴り込まれてしまいます。札幌としては彼から縦に精度の高いボールを入れられるのを阻止したい狙いがありました。石崎監督が相手のシステムに合わせた変化を見せるのは珍しい。

厚みの増した攻撃

攻撃の人数が増えたことで、いつもより選手同士が近い位置でパスを回せるようになっていました。開幕戦以来久しぶりに出場したブルーノは、視野の広い選手。ワンタッチでテンポよく、いいコースへパスが出てきます。札幌のパス出し役の常なのか、マイペースな感じもあるんだけれど、途中出場すらここまでなかったのが不思議なほど。

人数が多いので前へ前へと意識が向い、ゴール前で多くの選手が顔を出すように。宮澤が下がり、2列目が彼を追い越していく動きも出てました。彼自身がゴールへ向かう動きも、もっと見せてもらいたいところだけど。連係にはまだ問題があって、動きが被ってしまったりもしたけれど、弱気になりがちな札幌としてはこのくらい前がかりなのがちょうど良いのかもしれません。

この日は左アウトサイドの近藤が、見事なドリブル突破や、先制ゴールを決めてくれました。枠を捉えることの少ない近藤のシュートだけど威力はすさまじく、枠にさえ飛べば相当な驚異。

後は、こちらのリズムのうちに追加点を取れるようになりたいところ。

守備は問題あり

しかし前への比重が大きくなった分、後方、特に1ボランチの左右にスペースが生まれてしまいます。バランスの問題でどこかに隙が生まれてしまうものだけど、慣れない布陣のせいかいつも以上に穴の開いた守備陣。1失点に抑えたものの、こちらが数的有利な場面でも、相手をフリーにさせてしまっていたり怖かったですね。まあ守備が怖いのはいつものことですけど。

FWチアゴはタイポじゃなかった

この試合で、札幌のDFチアゴがついにFW登録となりました。岡山にFWのチアゴがいるのでタイポかと思ったけど正式なものなんですね。決勝点となったオウンゴールも、FW化したチアゴがからんでのもの。最初チアゴのあまりの喜びように、決めたのかと思ってしまいました。まあチアゴの巨体がブラインドになったからこ得点が生まれたということで。それにしても、得点に繋がったしゅんぴーのクロスの軌道は美しかった。

最後にブルーノが2枚目のイエローで退場になり、途中で岡山の武田も退場になるなど神経質な主審に両チーム苦しめられましたが、砂川の切り返しで沸いてみたり、攻めに行きたいときの意思表示として、4-1-4-1もオプションの1つになるのではないかなと思います。ボランチの負担が大きいけれど、早速結果が出たことだし。

ただ切り替えをもっと早く、カバー意識を強く持っていかないと、守備の問題もあるので上位相手に使うのは厳しいのかなあと思いますが。もっとラインを上げてコンパクトにしていきたいですね。

寂しい厚別開幕戦

厚別の開幕戦だというのに、観客数はたったの5,567人。今年はJリーグ全体で集客に苦労していますが、厚別開幕戦としては過去最低だった昨年の数字を、さらに2千人ほど下回る数字となってしまいました。札幌ドーム開催試合でも集客に苦戦しており、成績が上向かなければ今後も厳しい数字が並びそうです。

次節はアウェーで大分戦。今度こそ結果を出して戻ってきてもらいたいものです。

日時:2011年05月29日13:04キックオフ 会場: 札幌厚別公園競技場
入場者数: 5,567人 天候: 曇のち晴 21.0℃ 57%
コンサドーレ札幌 2 – 1 ファジアーノ岡山
得点
近藤 祐介 40分
49分 キム・ミンギュン
オウンゴール 83分
スターティングメンバー
イ・ホスン 16 GK GK 21 真子 秀徳
58′高木 純平 2 DF DF 18 竹田 忠嗣66′74′
山下 達也 23 DF DF 3 ストヤノフ
河合 竜二 4 DF DF 4 近藤 徹志
岩沼 俊介 6 DF MF 26 キム・ミンギュン81′
古田 寛幸 18 MF MF 8 千明 聖典
芳賀 博信 10 MF MF 2 澤口 雅彦
94′15′ブルーノ 15 MF MF 7 妹尾 隆佑17′
72′近藤 祐介 7 MF MF 22 臼井 仁志6′59′
62′アンドレジーニョ 32 FW MF 30 一柳 夢吾87′
73′宮澤裕樹 22 FW FW 10 チアゴ
控え選手
高木 貴弘 1 GK GK 29 中牧 大輔
奈良 竜樹 33 DF DF 23 植田 龍仁朗81′
62′砂川 誠 8 DF MF 14 小林 優希87′
岡本 賢明 17 MF MF 28 仙石 廉
63′58′三上 陽輔 22 FW MF 45 石原 崇兆
上原 慎也 26 FW FW 9 岸田 裕樹59′
76′チアゴ 3 FW FW 20 白谷 建人
監督
石崎 信弘 影山 雅永
主審
岡 宏道
副審
大西 保/植田 文平

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で