2010シーズン限りで湘南ベルマーレを契約満了となったFW中山元気が、中国サッカーリーグのレノファ山口FCへ移籍することが、2月8日現在のJFAの移籍リスト第11-11号で明らかになりました。・・・と思いきや、また移籍リストに戻ってますね。どっちなんだろう。


元気は山口県出身のFWで、サンフレッチェ広島(2000-2004年)、コンサドーレ札幌(2005-2009年)、湘南ベルマーレ(2010年)に所属。FWながら得点よりも献身的なプレーを続ける姿勢を評価される選手でした。

札幌時代、背が大きい割にヘディングもポストも上手くなかった元気ですが、年々プレーの幅を広げて最終的には巧みなフェイントを織り交ぜるドリブルも習得。DFWとしてだけではなく、サイドでも活躍してくれました。得点力は最後までついてきませんでしたが。

2009年限りで慣れ親しんだ札幌を契約満了となり、J1復帰を決めた湘南へ個人昇格を決めた元気。出番は少なく、最後は怪我に泣かされ1年で契約満了となってしまいました。レノファ山口FCはJFL入りを目指すクラブ。山口県は元気の地元だし、JFL昇格、そして将来的にはJへと続く道に貢献できるよう、元気には頑張ってもらいたいですね。正式発表はきていないので、決定なのかどうかは分からないですけど。怪我は完治したのかな?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で