んー、藤さん引退しちゃうのかー。

昨シーズン、わずか1シーズン限りでしたがFC東京からコンサドーレ札幌に移籍し、センターバックやサイドバックで活躍した「ミスター東京」DF藤山が、現役を引退して再びFC東京に戻り、サッカースクールコーチに就任することが発表されました。


札幌では財政的な問題もあって契約更新とはなりませんでしたが、まだまだ能力的には問題ないところを見せてくれていたり、身長差を苦にしない技術など若手の手本になってくれていただけに残念ですね。現役続行する意志があると報道もされていたし。

今シーズンの札幌はDFがさらに薄くなっているので、藤さんのように複数ポジションをこなせる選手がいてくれたら…と思ってしまいます。DFが5人だなんて、砂川の再契約もあったし今オフはフロントの誤算もあっただろうね。とはいえ自身が決めたセカンドキャリア。その経験を未来を担う子供達に伝えていってもらいたいなと思います。これまでの現役生活、お疲れ様でした。

■藤山竜仁選手のコメント
『この度、現役を引退しFC東京のスクールコーチに就任することになりました。一年の在籍でしたが、札幌のサポーターの方々には温かく受け入れてもらい、支えていただき本当に感謝しています。これからは、指導者の道に進みますが、またグラウンドで会えることを楽しみにしています。ありがとうございました。』

【本人コメント】
『これまでたくさんの応援ありがとうございました。ぼろぼろになるまでと現役にこだわってきましたが、次の夢でもある監督という大きな目標に向かって新たなスタートをきることにしました。さらに強く愛されるチームをめざし、新しい歴史をつくれるように頑張りたいと思います。これからも応援よろしくお願いします』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で