2010J2第33節。J1昇格が完全に無くなった15位のコンサドーレ札幌は、J1昇格争い真っ只中ながら2連敗中と苦しくなってきた4位ジェフ千葉と対戦。昇格もなく、契約の話が出てきているようになかなかモチベーションを維持しにくい時期だけど、そういったことを感じさせない試合を見せてくれて、砂川のクロスから宮澤が体を投げ出すようなヘディングで得点。得点後の表情を見ても、強い気持ちで臨んでいたんだなというのが伝わって来ました。

コンサドーレ札幌 1 – 0 ジェフユナイテッド千葉

得点者
札幌/87’宮澤
千葉/
スターティングメンバー
GK: 高原
DF: 西嶋、吉弘、石川、岩沼
MF: 芳賀、上里、藤田、三上、高木
FW: 内村
サブメンバー
GK: 佐藤、曵地
DF: 藤山
MF: 砂川、宮澤
FW: 横野、上原
交代選手
74分: 内村 → 宮澤
77分: 三上 → 砂川
93分: 藤田 → 藤山

札幌はスタメンに岩沼しゅんぴーが復帰。ゴンも離脱して怪我で人数が足りず、サブにGKが2人登録されています。今季限りでチームを去るベテランの藤山と砂川は控えに。砂川は最近調子がいいのでスタメンでもいいのではと思うんだけど、この試合は監督の采配がズバリ的中。交代出場の宮澤と砂川が得点に絡み、最後は藤山で締め。

内容は前回対戦時と同様に、出足の早い千葉に押されっぱなしで、完全に失点コースだったものが幾つも。その中で1つでもやられていれば、大きく展開は変わっていったんだろうけど、それでも千葉の精度の悪さやいつものように守護神・高原がよく頑張ってくれて無失点。高原いつもありがとう。千葉もあれだけのプレッシングや高い組織力を見せてくれながら、最後の部分で優しさを見せてくれてありがとう。何処とやっても寄せが甘かったり、すぐにマークがずれてしまうのはどうしたら改善されるんだろう?

攻撃は短い時間であったけど、マイボールにしたときに自分達のスピードを活かせていたり、シュートで終われる機会も多くて、いつもよりはモヤっとせずに見られたかな。まあ勝てたから言えるんだろうけども。

これまでは外国人選手が担っていた攻撃の起点部分を高木であったり内村がこなせているおかげで、最近はマイボール時に結構面白い展開が出来ています。両サイドの選手も、高木がスペースを作ってくれるおかげで外へ中へと動けるようになっているし。

そして絶妙な突破と宮澤へクロスを供給した砂川。宮澤は後ろから走り込んできて、前が千葉のDFと2対2だったんですよね。そしてフリーで走り込んできた後ろの宮澤に見事に合わせた砂川のクロス。素晴らしい。ううむ、まだまだ赤黒で砂川のプレーを見ていたいよ。

J1昇格争いも大詰め

札幌は勝利し、勝ち点38で13位に浮上。千葉は勝ち点51のまま5位に後退しています。首位を突っ走ってきた柏が今節の勝利でJ1復帰決定。おめでとうございます!2位の甲府も次節には決まりそう。昇格レースも残り1つの椅子を巡っての戦いになってきました。福岡がリードしていて、その後ろを東京ヴェルディ、千葉、横浜FCが追いかける展開。ヴェルディは休み消化してしまっているし、横浜は勝ち点差8あるから厳しいかな。さあ残り5節!

この日ドームに集まった観客は12千人でした。千葉サポーターの人数もあったとはいえ、昇格が無くなってもこれだけ集まるわけだから、残り試合も1試合1試合、選手達は気持ちの入った試合を見せ続けてもらいたいですね。そして来シーズンは僕らももう少し昇格争いに絡める位置につけていたいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で