J2も中断期間前最後の試合となりました。今節の相手はユースから札幌で育った謙伍が移籍していき、今年札幌に加入した内村が昨季まで在籍していた愛媛FC。愛媛はバルバリッチ監督が今季2度目の退席処分を受け、前節と今節の2試合ベンチ入り停止となっています。アツい監督だなあ。最近覇気の見られない石崎監督に少し分けてあげてくれないか。

コンサドーレ札幌 2 – 2 愛媛FC

得点者
札幌/44’西嶋、73’内村
愛媛/20’赤井、46’石井
スターティングメンバー
GK: 高原
DF: 芳賀、藤山、石川、西嶋
MF: 内村、宮澤、上里、古田
FW: 近藤、キリノ
サブメンバー
GK: 佐藤
DF: 吉弘
MF: 朴、砂川、岡本
FW: 中山、三上
交代選手
46分: 近藤 → 砂川
53分: 古田 → 吉弘
74分: 宮澤 → 岡本

札幌は予定通り3バック。上里が復帰して再び宮澤との2ボランチ。DFがこの並びになったと言うことはまだ吉弘が90分出来るコンディションじゃないと言うことなんだろうけれど、後半から4バックにして古田の左SBが合わないとみるやその吉弘は交代で登場。

前半は失点していたとはいえ追いつけたし、中盤も数的優位を作ってサイドも使えていたのだから無理に動かさなくてもと思うんだけどね。古田を入れた4バックは慣れてないだろうし。後半開始直後の謙伍にはその混乱していたような部分をもろに突かれてしまった感じ。コースが殆ど無いだろう所から思い切りよく打ったシュートも上手かったけれどさ。高原も殆ど準備出来てないように見えたし。

得点を決めた謙伍は今シーズンここまでノーゴール。得点能力はあると思うのだけど、ようやくの初ゴール。それが札幌戦というのはなんだか複雑だけど、ここから得点量産を期待しているよ。ただし札幌戦では控えめにお願いしたい。

そして失点後、前半サイドアタッカーとして効いていた古田は吉弘と交代させられてしまいました。一体何をしたかったのか。芳賀をボランチに上げたいと言うことなら最初の交代を近藤から吉弘でよかったんじゃないのかな。

謙伍が古巣相手に決めた事が内村にさらに火を点けたかどうかは分からないけれど、相手のバックパスを中盤でカットして、宮澤と髪型をドラゴンボールのウーブのようにしたキリノと共に中央をワンタッチで繋いで突破し、最後は内村が左脚のミドルでズドン。1点目も最後に押し込む気持ちを見せていた内村が同点ゴールを決めてくれました。

両チームお互いに恩返しゴールを1点ずつ決め、2-2のドローで終了。もう何点か取れていてもおかしくない展開だっただけに、勿体ないドローですね。ヤスから内村の最後のシュートはポストさんに嫌われて勝ちを逃してしまったけど、内村は今年初のフル出場で、試合終了後はピッチに倒れ込むくらい出し切ってくれました。後半戦は期待大。

中断期間で立て直せるか

チームはここで1週間のオフを挟み、21日から後半戦に向けた練習が再開されます。16試合を消化して4勝8分4敗、攻撃的なチームを目指していながら試合平均1得点の僅か16点。攻守に粘りを欠いたことが、勝ちきれなかった要因の1つ。

この順位に居るチームでは無いよなという個人能力の高さは断片的には見る事が出来たんだけど、それが上手く組織としての纏まりを持って機能しませんでした。去年より日程は楽だというのに運動量の乏しさも改善されないままでした。監督はどういうチームにしたいのか、中断期間の間に目指す形をしっかりと皆で共有出来るようにしたいところ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で