行くぜ3連勝!(+出来れば無失点も)という意気込みで臨む第10節横浜FC戦。アウェー、三ツ沢での試合となります。残念ながら僕はそれなりに近い場所にいながら参戦出来ずという状態なわけですが、遠征組や関東在住サポも多いので心配要らないでしょう。徐々にチーム力も上がってきていますから、自分たちの力を発揮さえすれば、GW4連戦の初日も勝てるさ!いや、勝つさ!

2009J2 第10節

コンサドーレ札幌 1 – 0 横浜FC

■得点者:
札幌/48’クライトン
横浜/
■スターティングメンバー:
GK:荒谷
DF:西 趙 吉弘 西嶋
MF:上里 ダニルソン 藤田 クライトン 岡本
FW:宮澤
■サブメンバー:
GK:高原
MF:芳賀 砂川
FW:石井 上原
■交代選手:
24分:岡本→砂川
64分:宮澤→芳賀
89分:クライトン→上原

先発は累積警告で出場停止のキリノが宮澤に代わった以外は前節セレッソ戦と同様のメンバー。そして謙伍がベンチ入り。謙伍は甲府戦で良かったと思ったのに(外野から見ていて)その後ベンチ外になっていましたから、何か監督の求めるものと食い違っていたんだろうか。まあとにかくこの試合はベンチ入りです。現状ではキリノ、宮澤、上原に次ぐ4番手ということになるんでしょうね。せめて3番手には居て欲しい気がしますけれども、ポジションとしては、FWと右サイドなので、5人というベンチ枠では外れてしまうのも仕方が無いかな。キリノと征也がいますからね。だからといってそれに甘んじていい理由にはなりませんが。

天気は良かったものの、風が強く狙い通りの組み立てがし難いコンディション。そして前半19分には早くも西嶋がこの日2枚目となるイエローカードで退場。札幌は10人での戦いを強いられることになります。1枚目はやや厳しいように見えましたが、まあ仕方無いね。ここまでフル出場を続けて居た西嶋ですが、次節はお休みです。俊Pあるかな?

1人少なくなり布陣変更を余儀なくされた石崎監督。ここで監督が選択したのは、前を減らすのではなく、あくまでも攻撃的に行くんだということで後ろをそのまま減らして3-4-2へ。前線にクライトンと宮澤を残し、前で起点を作る狙いです。3バックの中央にはなんと大伍が。練習でも1度しかということでしたが、監督は大伍のユーティリティー性を信じて中央で。その起用が当たります。SBではお粗末なプレーが多かった大伍ですが、このポジションだとまだ良かったように見えました。どうやら前でも後ろでも中央であれば好きなようですね。

10人になってしまったことで1人1人の役割は増えましたが、ここで崩れずにまずは守備からしっかりと再構築。前線も、クライトンを起点にして攻撃意識は残っています。岡本に代えて砂川も入り、隙あらばとカウンターで攻め込むチャンスはあったのですが、前半をシュート0で終えます。

後半開始直後の48分、左サイドのスローインからクライトンがボールを受け、そのままPA内中央へごりごりとドリブル。相手DFを背負い、バランスを崩しながらのシュートでしたがしっかりとグラウンダーで枠へ飛ばし、これが決まって10人の札幌が先制。クライトンは2試合連続のゴールです。昨シーズンはボランチが主だったこともあってパスを選択する場面が多く、自分が決めてやるんだという意識は弱かったように見えましたが、今年は1列前になったこともあって積極的にゴールを狙うシーンが目立ちます。「坊主、FWってのはこうやるんだ」と、いつまでもおどおどしてる宮澤に手本を見せるような、そんな試合でもありました。この後も89分に交代するまで走る走る。いつも走り回ってるクライトンですが、この試合は長い時間10人だったということもあって、いつも以上に走り回っていました。オシム曰く欧州トップモードでは13kmらしいですが(実際はもう少し短いようですけど)、クライトンも毎試合かなりの運動量です。あのゴツい身体で。

ダニルソンも、前節も良かったですが、目に見えてチームにフィットしてきたことで、格段に良くなっています。スペースへ走る事も出るようになってきましたし、守備では潰し役、攻撃では起点にもなれる視野の広さを見せ始めていますね。あの筋肉だけあって、体もかなり強いです。

横浜の拙攻に助けられた場面もありましたが、このまま10人の札幌が逃げ切り、3連勝。そして久しぶりに無失点での勝利試合となりました。前節ではホームで勝ちこの試合では無失点。これで嫌な記録とはサヨナラです。それにしても選手達はこの苦しい試合をよく戦い抜きました。お疲れさまです。

上里もイエローカードを貰ってしまったことで次節は出場停止になり、西嶋と上里という中心選手を欠くことになってしまいます。しかし、徐々に一体感の出てきた札幌。今の状態だと控え選手が出てもやってくれそうな気がしますが、さてどうなる。

左SBでは旬になったと言われた岩沼俊Pが、今度こそ出番があるでしょうか。上里もお休みなので、ボランチも誰が起用されるのか注目です。俊P、大伍、芳賀の3人のうち誰が来るか。クライトンも本職はボランチですが、この試合の起用を見ても、クライトンは前で起用されそう。となると、大伍が来そうですが、芳賀の右SBは高さ不足から狙われまくるので、大伍はやっぱり右SBで芳賀をボランチに。そして俊Pが左SB。4バックに拘らずに3バックでいくかもしれませんが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で