楽天とJリーグ(日本プロサッカーリーグ)は24日、Jリーグの「オフィシャルECプラットフォームパートナー」契約の締結で合意したと発表しました。

楽天はこの契約に基づいて、Jリーグと連携し、Jリーグが運営するJ1・J2・J3クラブのスマホカバー等オーダーグッズを販売する「Jリーグオンラインストア」を、7月中旬をめどにリニューアル。その後の運営支援を行っていきます。

楽天とJリーグがJリーグオンラインストアのリニューアルや運営支援で合意

楽天がJリーグの「オフィシャルECプラットフォームパートナー」になりました。「Jリーグオンラインストア」のリニューアルや運営支援という形でJリーグをサポートしていきます。

楽天は、おなじみ「楽天市場」をはじめとする、ECサイトの運営でこれまでに培ってきたノウハウを活用して、商品ページの制作や商品発送、カスタマーサポートに至るまで、ワンストップの運営支援を行います。

また、楽天グループ・サービスからの送客を含めたサイトの利便性向上に取り組んで、各クラブにおけるECサイト運営の負担を軽減するとともに、より多くのファンやサポーターが、Jリーグおよび各クラブのグッズを簡単に購入できる環境を提供する予定だということです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly