コンサドーレ札幌は28日、九州石油ドームで大分トリニータとの練習試合。リーグ戦でも当たる相手とあって、開幕前の良いシミュレーションになったかと思いますね。攻撃では流れの中から決定機を作るなどした収穫と、守備では相変わらずのゆるさを残して、2-2のドローで試合終了。Jクラブ相手の練習試合では一度も勝てずに開幕を迎えます。


近藤はキャンプ前太りすぎていたこともあって、今年もどうなんだろう、やっぱりダメなのかな?と思いましたが、体が絞れて来てからは本来の能力を発揮してくれています。彼の見せるプレーは代役が見当たらないだけに、シーズンを通して出続けられるようにコンディションを維持して欲しい。

札幌のスタメンは、GK高原、DFハンジェ、西嶋、石川、俊P、MF内村、宮澤、上里、征也、FW近藤、キリノ。控えには上原に替わって純貴が入りました。FWの控えはこの2人+ゴン。ちょっと心許ないか。その分MFが厚いのだけど得点力は今ひとつ。交代選手で得点する形が見えてこないだけに、FW3枚のうち誰かは控えに置いておきたいところ。

納得のいくコンビが見つからないとされるボランチですが、監督が起用してきたのは、やはり上里と宮澤。前を向いてボールを保持出来れば持ち前の攻撃力を発揮出来る2人ですが、上里は沖縄タイムに入るとあっさりボールロストしていたり、昨年より負担の増す守備面は彼らではまだまだ不安。

この、新加入組を中心とした2トップと上里宮澤の2ボランチの併用は守備でかなりリスキーに見えるけど、監督もそれは十分承知の上での起用。ものになるまで我慢出来るのか、途中で音を上げてしまうのか。芳賀が復調してくると、また組み合わせが変化しそうではあるけども。

大分と実際に対峙してみると、長くJ1に居ただけに、所属選手を減らして臨むシーズンとはいえJ2レベルとは層の厚さが違うなあという印象。厳しい相手になりそうです。

札幌は攻撃的な位置には枚数が揃っているけど、後ろがかなり薄い。ペラッペラだ。征也の右SBコンバートが成功していれば幅が広がったんだろうけど。まあ無いモノねだりしてたらキリが無いや。とはいえ各選手ポテンシャルを感じるから、もっとやれるはずだろうとやきもきしてしまう。そこが楽しかったりするんだけど。

開幕まで残り1週間。
共通理解を深め課題改善に努めて、皆いい状態で開幕戦を迎えてもらいたい。

そして大分のホームスタジアムである大分スポーツ公園総合競技場ですが、ネーミングライツが本日3月1日より九州石油から大分銀行に変更されています。略称は「大銀ドーム」。だ、だいぎん?日本酒っぽい音になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で