留任が確実と見られていた柏・石崎監督ですが、強化方針が一致しないとして今期限りで契約終了になるそうです。

石崎さんと言えば、コンサドーレ札幌の前身だった東芝サッカー部のOBでもありますし、コンサドーレ札幌は、来季の監督候補(報道によってはヘッドコーチ)として、オファーを出していました。

これまでは、柏レイソルの監督続投が確実と見られていたために、札幌側と折り合いが付かず、来季監督選びが難航していると報道されていました。しかし、ここにきて石崎さんが退任されるということで、また可能性が出てきました。

札幌は既に2人の新外国人を獲得するといった報道が出ています。まさか事前にのぶりんからの要望を聞いた上で補強が進んでいたりして。妄想です。

難航しているように思われた監督人事ですが、本命視されてきた石崎さんの退任発表を待っていたものとするならば、実は予定通りだったのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で