厚別で行われたJ1第23節ガンバ大阪戦での、不当な、ともいえる不思議ジャッジで芳賀、クライトンというレギュラーボランチ2人を欠いて試合に臨まなくてはならないコンサドーレ札幌。次節は清水エスパルス戦。

 前節キャプテンとして先発出場し、攻撃時には起点にもなり、守備でも積極的にプレスをかけ貢献していたヨンデはおそらく当確。というか、アグレッシブにいける選手が他に見当たらない。

 という事で、クライトンの代わりというか、ボランチのもう1枠を巡る競争になりそうです。

クライトンの特徴としては、攻撃の起点、そしてセットプレー時のキッカー。守備時には、その上がりっぷりにより多少戻るのに時間がかかることで、他選手の負担にはなっていますが、これは攻撃時にシュートで終われないことの方が問題だと自分は考えるので、不問。穴なのは、カバーリング意識が低い周りの選手や、守備よりもラインを揃える事を主目的としている戦術的な問題だとも思う。

 攻撃面を考えると、FWとしてですがやっとリーグ初出場を果たした上里が第一候補。守備面で課題は多いですが、精度の高いキックが魅力的。守備面を考えると、怪我から復帰してきた大塚辺りがきそうですか。精神的にも非常にタフな選手ですし。ただ彼は去年からの判断の遅さが酷く気になる。払拭出来ていれば良いのですが。

 体格を活かせない、運動量も少ないマーカス、プレーの1つ1つに迷いが見える西くんはベンチでしょうかね。征也が開眼しつつあるので、ここらで西くんも・・・と期待はしてしまいますが、どうだ。

 岩沼や智樹の名が全く出てこないのはなんとも。岩沼くんは左SBにコンバート?されているらしいですが、二人とも一層奮起せねばなりませんね。

 元気、柴田が怪我?
元気は右足付け根痛、柴田は左足付け根痛で別メニュー調整。元気は9日から合流予定だそうですが、柴田君は未定。心配です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で