選手が頑張れば監督が引っ張り、監督が頑張れば今度は選手が・・・と、なかなか自分達のスタイルも示せず、結果が付いてこないコンサドーレ札幌。

勝ち点1差とはいえ、最下位に転落し、いよいよ待ったなしの状況に追い込まれてしまったわけですが、ここに来てさらに複数選手のポジションコンバートを行い、まさにスクランブル体制に突入のようです。個人的には京都戦の前半のような動き(監督としては思い通りに動かずに不本意なようでしたが)が出来る時間を多く出来れば・・・と思うのですが、それが出来ればこの順位には居ないよということで、敢行。

京都戦のスタメンは、右から
藤田 クライトン 芳賀 中山 でした。これをミニゲームでは
中山 西嶋 大塚 クライトン にシフト。

戦術の浸透に時間がかかるからと、選手が揃わない事での連係不足に不満を漏らしていた人だとは思えないほどの刷新ぶりですけど、大丈夫ですか?

しかしまあゲームキャプテンの芳賀を外すことは考えにくいので、このままいくにしても 中山 芳賀 西嶋 クライトン のようになると思うんですが、右は復調してきた征也に任せてあげて良いと思うんだよ。

高木
平岡 箕輪 西澤 坪内
藤田 芳賀 西嶋 クライトン
アンデルソン ダヴィ

こんな。西嶋が左SBの選手なのでクライトンが上がった後もサイドへの意識は強いだろうし、クライトンは自由に動き回りますが、それでもセンターの選手なので中央に寄りがち。そこを坪内と西嶋が使うとか。

というか、
普通に西嶋を左SHで使えば良いんじゃないかと思ってしまった。

大塚は去年怪我前から判断が遅かったり、スピード負けしたりしていたので、完治してもCBに箕輪西澤を置いているうちは怖いですね。とかいいつつ、監督はばっしばし起用しそうですが。

監督が元気を買っているのはわかりますが、守備に気を使うあまり自ら攻撃パターンを減らすような事をし続けている起用には疑問。元気もいろんなポジションで頑張ってはいるし、成長しているけど、あくまでオプションという形にもっていきたい。

なんにしても、シュートで終われなかったときは当然カウンターを食うわけですが、攻めの中心に居るクライトンの守備を穴扱いするのはどうもなあ。上がるんだからそりゃ誰かカバーに行かないと空くんですよ。当たり前の話。監督の頭の中では、センター2人の攻撃参加はしないという事にでもなっているんだろうか。あ、後ろ8人で守備とか言っていたな、そういえば。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で