主力組が軽めのメニューをこなす中、
箕さんは控え組と同じハードなメニューを志願。
「練習しないと勝てない」
もっと言ってやってください。
監督にも言ってやってください。

1日オフを挟んでるんだからリカバリーで終了なんて言っていられない状態なのにね。オフ、リカバリーで2日消費してしまっているではないですか。次の試合まで無限に時間があればいいのですが、そうではない。となると、練習するしかないでしょう。今の監督の下で何か得られるものがあるのかどうかはわかりませんが、箕輪のこのプロ意識は学ぶ価値あり。

「休みから学ぶものはない。選手は練習と試合から学んでいくものだ」
とはオシムの言葉。

降格ランプが黄から赤に変わろうとしている今、まさにそういう状況なのだから、箕輪のこの姿勢を見て、負け犬根性が染み付いた選手達も何か変わってくれればいいのですが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で