コンサドーレ札幌は3日、4月に発足する女子チームの名称が『北海道リラ・コンサドーレ』に決定したと発表しました。

「リラ」とは、札幌の木として市民に親しまれている「ライラック」のフランス語読み。来シーズンよりトップチームの名称にも採用される「北海道」とチーム名「コンサドーレ」、そして札幌の意味も込めた「リラ」が付いた女子チームの名称となりました。

ちなみにリラは、西洋の花言葉で「pride(誇り)」や「beauty(美)」という意味もあり、女子チームにぴったり。女性らしく、北海道を代表する選手を育てたいという意味が込められているとのこと。

北海道発の名前はダジャレ的な形に収まることも少なくありませんが、今回は女子チームらしい響き、かつ札幌らしさも感じられるいいチーム名に決定したのではないでしょうか。略称は「リラ・コンサ」でおちつきそう。

道新によると、初年度は新中学1〜2年生22名で構成。20年までのなでしこリーグ1部参入を目指すとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で