カウンターってそもそもそういうものだろうとかいうツッコミは抜きにして、札幌のエース・ダヴィが守備免除で前線に残る形が試され始めたようです。ただしセットプレーの守備時のみ?

守備に奔走した後だとさすがの”馬”ダヴィでも足が疲れてしまいますので、ある程度前線から走れるのは強みになりますね。あの強引な突破と不思議フェイント、そしてスピードはJ1でも十分に通用していますし。問題は他の選手がすぐに上手い選手に頼りがちになってしまうことと、守備の問題が一向に改善されない(もしかして、戦術に自惚れすぎて、変革する気も無いのかもしれない)ということ。

得点に関しては1試合1点は取れてきているので、後は守備、守備なんですよ三浦さん。一応堅守を謳っていることですし、カウンターこそ弱者の生きる道。サッカーで平均2失点では勝てるわけが無いんです。

でもダヴィ。
好きだからって味噌ラーメン1日に2杯は多いと思うよ。さすがにさ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で