9日の大宮戦を前にして、6日に行われた練習において、ミニゲームの前に監督がホワイトボードを使って戦術の再確認が行われました。

で、この記事で驚いたのは、ホワイトボードを用いての戦術確認がシーズン中では今回が初めてだということ。
戦術に関しては、今までだと試合前日にPCのスクリーンで確認していたそうですが、新戦力が多くて戦術理解に乏しいし、ましてや三浦監督はその戦術が肝。シーズン序盤からもっと徹底的に詰めていった方が良かったのではないか。

となると、キャンプ後は今までの戦術練習時に口頭で伝えるばっかりだったのだろうか?という疑問が。言葉だけだと各々のその言葉のとらえ方・感覚によって理解がずれてきますから、どんどん視覚的な見せ方も取り入れて、共通理解を深めていき、一向に直らない悪癖を改善していけると良いですね。

過去を悔いてもしょうがないですし、監督も完璧超人ではないですから、選手と共に新しい練習方法や伝達手段を習得して成長していければ。それがきっと後々芽を出し大輪の花が。咲くと良いなあ。

ホームではここまで3試合連続ドローと勝利から遠ざかっていますし、12節のアウェー大宮戦では2−1と他利しています。ここでなんとか他ち点3をもぎ取って上位と差を詰めていきたいところです。

帰省もするし、久々に厚別で観戦してみようかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で