コンサドーレ札幌は25日、DF内山裕貴とFW工藤光輝について、ホウガン・ユナイテッドFC(シンガポール1部)とSC相模原(J3)へそれぞれ期限付き移籍することが決定したと発表しました。期間は内山が11月30日、工藤が2016年1月31日まで。

即戦力を期待できる選手を複数加えて大所帯となった今季、出場機会の限られそうな若手は積極的にレンタルさせていくのではと考えていましたが、さっそく2人が発表。向こうで経験を積んで、1年後、成長した姿を見せてもらいたいところ。

内山裕貴選手のコメント

『今季、シンガポールのリーグでプレーすることになりました。今年一年コンサドーレ札幌の一員として戦うことができませんが、向こうでしっかりと成長して帰ってきます。応援よろしくお願いします!』

工藤 光輝 選手のコメント

『この度、SC相模原に1年間期限付き移籍することになりました。昨シーズン、なかなかチームの力になることが出来ず、自分なりに色々考えた結果、今回の移籍を決断しました。SC相模原のJ2昇格の為に結果にこだわってプレーしてきたいと思います。そして、必ず成長して帰ってきます!今後とも変わらぬご声援をよろしくお願いします』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で