コンサドーレ札幌は20日、川崎フロンターレに所属する元日本代表のMF稲本潤一を獲得したと発表しました。

最終節後に野々村社長が発言していた稲本へのオファー、昇格を逃した批判逸らしにも見えたわけですが、金銭面で不利な難しい交渉をまとめ、今年の小野に続いて代表や海外クラブでも実績のあるビッグネームの獲得に成功しました。人気に期待するのはもちろん、プレー面でも若いクラブの成長に貢献してもらいたいところ。本来のポジションである守備的なMFはもちろん、DFでのプレーも期待されているとのこと。

札幌:稲本選手のコメント

「自分の持っているものを全て出し、コンサドーレ札幌のJ1昇格に貢献したいと思います。宜しくお願いします。」

川崎:稲本選手のコメント

「5年間、お世話になりました。チームメイト、クラブスタッフ、たくさんのサポーターの皆さんに支えていただいた5年間でした。ありがとうございました。来季はコンサドーレ札幌でプレーすることが決まりました。フロンターレでの経験を生かし、札幌のJ1昇格に貢献したいと思います」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で