コンサドーレ札幌から27日、2014シーズン限りで契約満了となる選手が発表されました。既に報じられている横野純貴のほか、日高拓磨、松本怜大、上原拓郎の4選手が今季限りでチームを去ります。

J2はリーグ戦が終了してPO進出チーム以外はオフシーズン。こういう発表が出てくる時期となっていますが、札幌は今季、4選手が契約満了に。

松本は2年、上原に至っては1年でこの結果となりました。決定した進路を曲げて獲得したにもかかわらず、1年で満了とした判断には疑問が残るところですが、終盤は出場していませんでしたし、本人的にも何か事情があったのかもしれない。にしても、うーん。

クラブには彼らそれぞれの次のステージへのケアをしっかりしてもらいたいところ。

サイドバックをこなせる選手が抜けてしまったことで、ただでさえ手薄だったのにさらに薄く。3バックにシステム変更をして、監督の意向もあるのかもしれませんが、4バックへも柔軟に対応出来るようにはしておきたいですよね。

選手コメント

日高拓磨選手のコメント

『選手、スタッフ、サポーター、コンサドーレ札幌に関わるすべての皆様と出会えたことに、感謝しています。今後とも、応援よろしくお願いします。』

横野純貴選手のコメント

『この度、コンサドーレ札幌と契約満了になりました。アカデミーを含め、10年間在籍させていただきました。このチームに夢を与えていただき、サッカー選手としての基盤も作ってもらえました。今までコンサドーレ札幌のために一生懸命やってきたつもりです。しかし、このような結果になってしまい自分の力のなさを改めて痛感しました。ここからは、自分の力で上を目指していきます。まだまだ現役を続けます。どんなときも横野純貴を応援していただき、ありがとうございました。どこにいっても僕は、コンサドーレ札幌を応援しています。これからもコンサドーレ札幌を、応援よろしくお願いします。』

松本怜大選手のコメント

『2年間ありがとうございました。コンサドーレ札幌の一員としてプレーできたことを誇りに思います。これまで支えてくださったサポーター、チーム関係者の方々には感謝しかありません。本当にありがとうございました。』

上原拓郎選手のコメント

『この度、このような形でチームを離れる事になり、悔しい気持ちでいっぱいです。プロ選手として、コンサドーレでは1年と短い期間でしたが、北海道サッカーに育てられ成長できたと実感しています。その分、お世話になった関係者、友人、多くのサポーターの皆さん、そして両親には、成長した自分の姿を中々見せる事の出来なかった事が悔やまれます。
今後は、コンサドーレをはじめ、北海道で培った経験をいかし、今よりも人としても、選手としても成長した姿をみせられるように頑張りたいと思います。短い期間ではありましたが、多くのサポーターの皆さんに、表せられない程の力を頂きました。本当に1年間ありがとうございます。』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で