ヘルニアと左膝の怪我で離脱していたソダンこと曽田選手がいよいよ復帰のようです。身体能力を押し出したプレーヤーなので、今期は怪我の影響もあってか出場した試合でも低調なパフォーマンスに終始していました。5月に手術を行ってから2ヶ月、コンディションをしっかり戻していいパフォーマンスを見せてくれると良いですね。

じん帯を痛めていた西嶋選手も復帰見込み。SBのポジション争いが加熱しそうです。西嶋、曽田、箕輪、池内と、セットプレー時のターゲットが増えるということで、相手にとってはさらに驚異になることでしょう。

アンデルソンも練習復帰するそうで、細かい怪我をしている人も何人か居ますが、ようやくフルメンバーが揃いそうですね。

現在のDFラインは 坪内 西澤 箕輪 平岡 の4人ですが、曽田と西嶋復帰でまた監督はメンバー選定で頭を悩ませそうですね。失点が少ないうちは無理にいじってこないと思いますが、控えには池内も居ますしパワプレー要員としても空中戦が強い選手がたくさんいるので誰を選択するのか難しい。

CBの序列は今だと 箕輪>西澤>柴田>吉弘
SBは 坪内>平岡>池内>(征也)>ヨンデ だろうか。左右入り乱れているけど。
さて、ここで気がついたのですが、なんというか、まともに左の控えが居なかった。サテでは岩沼や上里が左SBで出場しているようですが、おそらくトップで使えるレベルではないのだろう。西嶋が戦列復帰するまで坪内はイエロー貰うのを我慢しなくてはいけませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で