千葉の拙さにも助けられましたが、やっとリーグ戦でも無失点で勝利を手にしたコンサドーレ札幌。次節は明日16日、攻撃の要クライトンも戻り、ホーム厚別で大分を迎え撃ちます。日本人だけで構成されていた中央の守備ブロックを三浦監督はいじってくるのかどうか。

現時点ではアンデルソンが負傷してしまったので、サポには不評なクライトンのFW起用が濃厚のようです。配球役のクライトンをトップに置くと、そこまでボールが届かずに結局クライトンがずるずる下がってボールを受け、ダヴィが孤立してしまうという悪循環に陥ってしまう場面が目立ちます。FW起用ならここは改善して欲しい。

攻守の切り替えという部分で、すぐに縦ポンしようという意識が強すぎてかボールを持ってからの両サイドハーフの押し上げが遅いので、クライトンのキープ力や運動量に頼らざるを得ないというのが多分にあるんですよね。

それで好き勝手動きすぎて守備でバランスを崩しているというのもあるのですが、そこはプロ同士ですし試合中でも練習時でも積極的にコミュニケーションを取って解決していって貰いたいところではあります。

しかし、千葉戦後の選手コメントを見る限り、どうやら言葉の壁や選手としての経験・格の差は相当大きいようだ。熱い男クライトンに言われっぱなしで終わるのではなく、自分の意見をどんどんぶつけて共通理解を深めていかないと、信用も得られないし、ますますダヴィにしかボールを回さなくなってしまいまそう。

それではせっかく技術の高いプレーヤーなのに良さが十分に活かされないですし、守備面でも堅守に近づけません。クライトンの守備が難点だという風にいつの間にかなっていますが、要はバランスの問題だと思うのです。頑なにゾーンに拘ってるからクライトンが動いたスペースががら空きになってしまうんじゃないのかな。セットプレー時の失点も、マンマークに付かずにゾーンでそのまま守っているせいでボールが入ったときにターゲットに寄せきれないという場面が多いです。

移動で疲労もあるのでしょうが、ここで負けるとまた離されてしまうので、何とか勝ち点3を取っていきたい所。リーグ最少失点大分が相手ですが、ピッチの選手平均身長が180cmを越えるときも多い今のコンサのセットプレーはいかに大分といえどもかなり驚異だと思うので、まずはがっちり守って、隙を見てカウンターと言う”堅守速攻”が実践出来るといいなー。そこからファールを貰ってクライトンから山脈がドーンとさ。

西嶋もまだ無理なようなので、メンバーは千葉戦からアンデルソンoutクライトンinくらいで殆ど弄らないかな。大分は3-5-2なので、サイドの数的有利を利用しまくれれば、勝機が見えてきそうです。坪内と平岡の攻撃的な両SBに期待。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で