日曜日にアウェーフクアリで裏天王山を迎える札幌。出場停止のクライトンの代わりは誰になるのかというところでしたが、指名されたのは監督が溺愛する西大伍。守備的ならマーカスだったのでしょうが、あくまでも攻撃面での不足を補うために運動量のある大伍が選ばれたようです。とはいってもそれほど運動量で他の選手と差があるようには見えないわけですが、対人でもフィジカル負けしなくなってきているし期待しましょう。先週の試合メンバーから外れていたのは風邪だったようですね。

キッカーには征也が。試合で蹴っているところは見ませんが、ユース時代はキッカーだったようなので持っているんでしょうね。今季得点の半分以上はセットプレーからと、相手に警戒されても取れるという大きな武器ですから、征也の右足に大きな期待がかかります。怪我明けでいまいち調子も乗り切らないだけにここでキレのある所を見せて欲しいものです。

この試合に勝ったからといって順位が入れ替わりはしませんが、負けると最下位に転落してしまいます。「1敗1分」と、後期目標を逆から達成しているので、次は勝ちを獲りたいところ。

何より下位集団がもたついている内に少しでも勝ち点差を縮めておきたいので、なんにせよ負けるわけにはいきません。引き分けすら許されない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で