昨年12月に左肩と右手小指の手術をひっそりと行った札幌のキーパー優也。オフィシャルでもリリースは出ず、本人のブログでも勿論触れられず(08年で更新止まっているし)、選手ブログでさらっと報告されただけでした。


肩は全治1ヶ月、右手小指は2ヶ月と言う事で、グアムには間に合わず熊本での合流に照準を合わせ、リハビリを行っているそうです。健作Blogに他の選手と一緒に画像が載っていますが、相変わらずゴツい体つき。

昨年は開幕からスタメンの座を掴んだものの定位置確保とは行かず、途中で荒谷にその座を譲るとスタメンに返り咲くことなくそのままシーズンを終えました。今年はキーパー3人体制で、うち1人は昨年ユースから加入した曳地君。高原も安定感が出て来たとはいえ、パフォーマンスにムラがありますから、不安ではあります。

優也が居たところで不安なのは変わらないんだけどさ。2人とも瞬間的な反応は素晴らしいものがあるので、もう少し落ち着いていてくれるといいんだけど。

[追記:01.17
ニッカンによるとグアムキャンプにも帯同し、別メニューで調整していくみたいですね。頑張れ優也。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で