驚異的な精度でセットプレーからの得点を量産するコンサドーレですが、そのキッカーとなっていたクライトンが累積警告で次節・千葉戦は出場停止。

攻撃の核となる選手を欠く札幌ですがだからと言って下を向いても居られませんし、みすみす千葉に勝ち点を与えるわけにはいきません。こういう状況でこそ出場機会を伺うサブ選手達がスタメンの座を奪うべくモチベーション高く試合に臨めるいい機会とも言えます。

CAP芳賀とコンビを組むのは誰なんだ、というところで挙がった名前は、ヨンデ、デビ純、そして西。あれ、上里は?昨年の正ボランチだった大塚も何気に戻ってきたみたいですが、ここで無理をさせずに復帰は8月以降のようです。まあ大塚には悪いですが去年中盤から後半にかけては判断の遅さがかなり目に付いたので、正直J1は厳しいんじゃないかと思いますが。しかし今居るボランチ陣が果たして大塚以上かと言われるとそれもまた微妙なところ。

セットプレー時のキッカーが不在になってしまうので、西谷か砂川は次節スタメンで出るでしょうから、起用されるのはおそらく守備的なデビ純になるのでは無いかと思います。好きみたいですし。後、いくら空気であろうとも起用され続けていた西への偏愛とも言える使われ方を見ていると、西くんのボランチ出場も、もしかしたらあるんじゃないかなと読んでいます。ヨンデはボランチというよりサイドのバックアップで使われそう。

2人とも判断早くしてパスをしっかり繋げれば、ある程度戦えそう。そこが課題でもあり、一向に改善されていなんですが。とくにデビ純は既に何度も失点の起点になっていますし、不安要素がてんこ盛りです。
ここで奪われてしまうと、後ろはあまり足が速くないので、新居&レイナウドにぶち抜かれて決められてしまうのではないかという懸念。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で