DF補強がやっと来ました。元日本代表(とはいっても1試合の途中出場のみですが)で川崎フロンターレの代名詞でもある3CB川崎山脈の1人、箕輪義信選手をどうやらレンタルで獲得する見込み。半年間のレンタル契約で、21日に正式発表され、22日から練習に参加するようです。

伊藤、寺田と共に川崎の最終ラインを形成し、主力として活躍してきた箕輪でしたが、今シーズンはグロインペイン症候群に苦しみ、5/31のナビスコ札幌戦から復帰したばかり。川崎は3バック(変則4バックでもありますが)だったので三浦4バックへの適応が若干不安でもありますが、187cmの長身を活かした空中戦は魅力的。経験の浅い札幌の若手DF陣にもいい手本となってくれそうですね。

[追記
オフィシャルでも記事来ましたね。契約期間は来年の1/31まで。30歳過ぎてますし、移籍係数的にも今回上手くいけば完全移籍なんていうこともひょっとするとあるかもしれません。箕輪選手のコメントは以下の通りです。

■箕輪義信 選手のコメント
『この度、コンサドーレ札幌からオファーをいただきありがたく思います。自分の経験と持てる力を最大限に発揮してチームに貢献出来るように頑張ります。コンサドーレ札幌サポーターの皆様、これから共に戦って行きたいと思いますので応援よろしくお願いします。』

関塚体制の終了と共に、川崎にも世代交代や移籍の波が押し寄せてくるのかも知れません。川崎側での箕輪選手コメントは以下の通り。

『今回、シーズンの途中ですが札幌からお話を頂きました。いろいろと考え、9年間お世話になった川崎から自分自身のステップアップのために移籍を決断しました。フロンターレのサポーターの皆さん、チームメイト、クラブスタッフにはここまで大変お世話になりました。ありがとうございました。川崎で得ることが出来た嬉しかったこと、苦しかったこと、多くの経験を元に新天地で頑張ってきます。札幌の力になれるように、一つでも多くの勝利を掴めるように頑張ってきますので、これからも応援を宜しくお願いします。』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で