15日から後半戦に向けての練習を再開しているコンサドーレ札幌ですが、前半戦において一番大きな課題であったのが、昨年札幌の売りでもあった”堅守”の崩壊。リーグ戦の失点は25とリーグワーストタイ。1試合平均では1.92という、とても戦えない数字でした。

そんなわけで守備ブロックの再構築が後半戦に向けての何よりの優先事項だったですが、これといった補強の話も無く、良いニュースも無いまま再開まであと2週間。ここにきてようやく動き出したようです。昨年までスタメンだった西澤、西嶋が怪我から戻り、右から平岡 柴田 吉弘 坪内だったDFラインから、西澤 柴田 西嶋 坪内に変更。どうやら後半戦の基本ラインはこの4人になる可能性が高いようです。

J2時代から通用しなかった西澤のスピードはJ1相手にどうなんだ、という懸念はさておき、昨年からレギュラーでやっている2人が戻ったことによって、守備の連係が良くなることに期待です。お見合いでボールさらわれるのはプロの試合では見たくないですからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で