左足首痛とA型インフルエンザ感染のために離脱していたMF西大伍が、27日の練習から部分的に合流したようです。ニッカンによると、大伍の左足首痛の原因は遊離軟骨。最近だと長谷部が手術していましたね。小野ももはや持病のように悩まされ続けています。

来シーズンに向けて動き出しているとはいえ、リーグ戦は消化試合で、上位との対戦も天皇杯の清水戦くらい。大伍のユーティリティー性はチームにとって不可欠な存在ですし、天皇杯でJ1とやれる経験は貴重なものですが、シーズンも残り1ヶ月強というこの時期に無理をする必要は全くありません。

痛みは収まってきているとのことですが、遊離軟骨は時間をおけば完治するという類ではないですし、手術して除去してしまえば再発は殆ど無いというのだから、

「(手術は)まだ分からない。来年へ向けて早く治した方がいいとは思っている」

まだ分からないなんて言ってないで、手術して来年のキャンプに万全な状態で臨めるように備えることこそがチームのためだと思うんですけどね。足首は酷使する箇所なので気になるなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で