この所ネガティブなニュースが多かった札幌ですが、ようやく1つ来季に繋がるニュースが出て来ました。来シーズンも石崎体制の継続が決定的となり、補強も監督の意向を汲んで再び動き出しているとのこと。

元々HFCは昨年の就任要請時に複数年契約を要求していたわけで、それを石崎監督が固持して単年契約となっていました。そのために今年のチーム始動当初から来年も石崎監督でというのが、HFCが考えていた基本路線。

メインスポンサーだったニトリの撤退で、最悪の場合監督人事も白紙になる可能性があったのですけど、石屋製菓のスポンサー料増額等で回避。遅れていた来季のオファーをようやく出す事ができ、監督も受諾意思を表したそうです。

正式発表はまだ先になるみたいですが、監督人事に決着が付いたことで、今年行ってきたコンセプトを引き継いで来季もチーム作りを行うことが出来ます。今シーズンは石崎監督就任がずれ込んだ関係で補強が遅れ、強化部と監督との間でイメージするチームがずれ、SBの本職が西嶋1人しかいないなどポジションによって層に偏りが出来てしまいました。

今年もここまでずれ込んでしまいましたが、昨年の反省を踏まえて共通理解を深め、監督の意向に沿った補強で動けているようです。資金面で問題は残っていますけど、その中でベストなチームを作れるといいな。

それにしてもアツいですね、石さん。

「チームが苦しい時こそ何とかしたい」

だなんて、なかなか言えないですよ。資金力が全てだみたいな人いますからね。迷采配をするときもあるけれど、赤黒ユニの創始者でもあるので長く札幌の監督で居てくれるといいなあ。トップチームだけではなくて、出来ればユース年代にも浸透させていけるような、札幌のサッカースタイルを確立してもらいたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で