51試合という長丁場の2009シーズンも残すところ後4試合+天皇杯のみとなりました。今年は移籍システムが新しくなるということで、例年よりも早く来季に向けた編成が始まっています。札幌だけに限らず、試合結果や普段の記事に混ざって、移籍関係のニュースがチラホラと入ってきていますね。

期限付き移籍中のGK林はそのまま仙台へ

現在、ベガルタ仙台に期限付き移籍中のGK林ですが、仙台残留への気持ちが強いと言うことでHFC側は慰留を諦め、契約満了と共に札幌を去る事が決定的となったようです。移籍していくのはプロの世界では常ですから別に良いんですけど、2007年途中から契約切れまでレンタルを続けてそのまま仙台へ完全移籍しまうとなると、札幌側に一切メリットがない(可能性が高い?)。何かしら特約を盛り込んであると良いんですけど、対戦時にも普通に出てくるくらいだから何の補償も取り付けてないかもしれない。

監督への正式な続投要請は月末に、そして石川も

「頭から使うのは来年もいる人」と、うっかり?漏らしてしまった石崎監督。その石崎監督自身の去就はまだ明らかにはされていませんが、29日の取締役会が終わり次第HFCから正式に続投を要請し、おそらく受諾してくれるのではないかなという感じ。監督も来年に向けてチャレンジしていくという話も出していますし、HFCとしてもOB監督を簡単に手放したくはないでしょう。

柏から期限付き移籍中のDF石川についても、監督の頭には来季もということでいるだろうし、クラブとしても残留に向けて努力を続けるはず。ですが、今年はJ1から3チーム降格ということで、どうやら柏が落ちてきそうなんですよね。

となると来シーズンはJ2でバッティングしてしまう関係もあって、レンタルの延長であったり、例え移籍資金を用意出来ても完全移籍での獲得は厳しくなるのではないかなと思います。札幌に欠かせない選手ですし、CBは人数多い割に怪我人であったり、いても計算が立たなかったりするので是非残ってもらいたいですけどね。

ダニルソンの違約金はダヴィ以上

シーズン開幕当初は日本のサッカーに慣れず苦労していたMFダニルソンも、夏以降は被カードも減り、チームに欠かせない選手となりました。昨シーズン、チームのエースだったダヴィが名古屋へ移籍した際にかけられていた違約金はおよそ3億円。その額を上回る違約金を、HFCはダニルソンには設定しているんだそうです。

可能性を秘めているとはいえまだまだ荒削りな選手にそこまでお金を出して取りに来るクラブはそうそう無いでしょうから、一応は安心といった所でしょうか。本人も札幌を気に入ってくれているようだし、もう少し長く彼の姿を見られそうです。

ハファエルは・・・・・・

チームにも慣れ、現在一番相手にとって驚異となっているのではないかと思うのが10番を背負うMFハファエル。しかしハファエルに関しては既に、高額とされる年俸を嫌気して来季構想外という事が報道されています。来年も在籍するのであれば、コンビネーションもコンディションももっと早い段階で良くなってくるだろうし、面白いだろうになあと思うのですが。単に人件費圧縮の憂き目なのか、もしくは他にも理由があるのかは分かりませんけど、もっとJで見たいなあ。

他にも、基本的には現有戦力を中心として戦っていくような事が記事に出ていましたが、期待されながら結果を残せなかった選手については、レンタルで放出というのもあるのかもしれません(憶測ですけど)。レギュラーとの競争相手にもなれないというのであれば、新しい血を入れていかないといけませんし、そのための余裕を残しておく必要があります。

出来ればチームに残って、来シーズン今年の鬱憤を晴らすような活躍をしてくれるのが一番嬉しいのですが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で