まさか、うそだろ?
気長に待つなんて書いたばかりだというのに、公式サイトには曽田選手現役引退のリリース(コンサドーレ札幌 曽田雄志選手 現役引退のお知らせ)。地元札幌市出身で、新人からこれまで9シーズン札幌でプレーしたミスター・コンサドーレは、再びJ1の地を踏むことなくユニフォームを脱ぐこととなってしまいました。

復帰間近と言われながらも調整が随分と遅れていたので、ひょっとしてという想いが無かったわけではないけれど、それでも、今年は無理でも来年はとピッチに戻ってくるのを信じていただけに残念でなりません。誰にもいつかは引退する日がやってくるとはいえ寂しいなあ。

契約がまだ残っていたと思うので、それでも引退というのは本人の満足行くところまで回復しなかったんだろうなあ。クラブの財政事情を汲んでの事なのかもしれません。

今シーズン限りで引退する事になりました。
復帰を待っていてくれた皆さん、本当にすみません。
ホーム最終戦で改めてごあいさつさせて頂きます。
9年間、素晴らしい思い出ができました。
本当に、ありがとうございました。

曽田雄志

9年間というクラブ史上最長の在籍歴や、Jリーグ最後のVゴール、キーパーも含めた全ポジションでの出場など、色々な意味で札幌の歴史に残る選手だったよ。

お疲れさまでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で