Jリーグの各クラブは続々と来季の人事が発表になっていますが、コンサドーレ札幌を運営するHFCは予算の策定が難航し、予定より遅れているみたい。ですが、補強ポイントは既にクリアになっており、まずはDF石川の残留に向けて交渉を開始したようです。

三上強化部長が「ミニマムの予算でも、直樹(石川)は外せない。」と話しているように、怪我などでパフォーマンスが計算出来ないDFの多い中で、石崎監督の戦術をよく理解し、J1経験もある石川の存在は貴重。後ろが安定すれば前線のやりくりも楽になりますからね。完全が難しければレンタルの延長も視野に入れて、柏との交渉を開始しているようです。

そして、FW/GK/SBの補強を各1人ずつ行うと道スポには書いてありました。石川がSBを任された試合もありましたが、殆どCBなのでこの場合のSBはおそらく別枠。今年は本職と呼べるSBが西嶋1人しかおらず、征也をSBにコンバートするもあっさりと諦め、以降はセンターハーフの大伍、上里、芳賀、そして岩沼が務めています。

コアメンバーでやりくりするばかりで競争も殆ど無かったので、ここでしっかりと本職選手を獲得し、層を厚くしていきたいところですね。

FWとGKは、人数だけは揃って居るのですが、FWはキリノ以下が著しく得点力不足、GKも今年はルーキーの曳地以外の3人が起用され、最終的に高原が定位置に近いのかなという感じ。GKは4人いるので誰か1人はチームから外れる可能性が高いですね。人件費の圧縮と試合数の減少で、選手年俸と共に所属人数も、もしかしたら圧縮されるのかもしれません。

育成型のクラブを方針として掲げていながら、選手が育ってくれるまで我慢出来る体力がクラブに無いのが辛いところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で