コンサドーレ札幌は8日、J1川崎フロンターレに所属するDF薗田淳が完全移籍で加入することが決定したと発表しました。


薗田は静岡出身のセンターバックで、川崎には2007年に加入。2012シーズンはFC町田ゼルビアに期限付き移籍していましたが、それ以外のシーズンでは川崎一筋でした。川崎では通算11試合出場に止まり結果を残すことはできませんでしたが、町田ではリーグ戦21試合に出場しています。

三上GMは「スピードやロングボールの精度など、センターバックとして必要なプレー質はどれも標準以上。けがも完治しており、楽しみ」とコメントしているということです。

まずは怪我無く、そして層が薄い守備陣を主力として引っ張っていける存在になってくれたらと期待しています。

コンサドーレ札幌: 薗田淳選手コメント

『この度、川崎フロンターレから完全移籍することになりました。昨シーズン序盤に怪我をしてしまい、一年間プレーできていない自分を必要としてくれたことに心から感謝しています。J1昇格の目標に貢献できるように精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願いします。』

川崎フロンターレ: 薗田淳選手コメント

『このたび、コンサドーレ札幌に完全移籍することになりました。高校卒業から今までお世話になった関係者やファン・サポーターの方々には大変感謝しています。そして川崎で活躍することを願っていてくれたみなさまには、なにひとつチームに結果をもたらすことができず残念な気持ちで一杯です。成長してまた等々力のピッチでプレーする姿をお見せできるように頑張ります。本当に7年間、ありがとうございました』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で