コンサドーレ札幌は3日、MF岡本賢明について、J2ロアッソ熊本への完全移籍が決定したことを発表しました。


岡本は2007年にコンサドーレ札幌へ加入した選手で、2013シーズンまで7年間プレー。トリッキーなアイデアやキレのあるドリブル突破、シュートレンジの広さなど才能豊かな選手であり、またプロデビューを札幌で迎えたこともあって、生え抜き選手の1人としても愛された選手でした。が、地元への思いも強かったのでしょう、2014シーズンからはロアッソ熊本の選手としてプレーすることになりました。

北海道色を強めているコンサドーレですが、クラブが地元色を強めていけば、選手だって郷土愛を再確認する機会になるわけで、こうした想いになる選手が出てきても不思議ではないのですよね。勿論それだけという話でも無いのでしょうけれど。

岡本賢明選手のコメント

『このたび、7年間在籍させていただきましたコンサドーレ札幌から、ロアッソ熊本へ移籍することとなりました。
高校を卒業し、右も左もわからない北海道での生活・プレーでしたが、本当に多くの素晴らしい思い出を作ることができ、この街が大好きになりました。
この7年間で、二度J1昇格を果たしましたが、チームを定着させることができず責任を感じています。
チームが苦しい状態の時、そして自分が怪我で長期離脱を余儀なくされてしまった時も、サポーターの皆さんからいただいた温かい励ましの声や応援があったからこそ、ピッチに戻ってくることができました。そんなサポーターの皆さんに支えられてプレーできていたことを、幸せに感じています。
これからは、新たな目標に向かって頑張りますので、引き続き岡本賢明を応援していただけると嬉しいです。
7年間、本当に幸せでした!ありがとうございました!』

ロアッソ熊本公式サイトでのコメント

このたび、コンサドーレ札幌からロアッソ熊本に移籍することとなりました岡本賢明です。地元熊本でサッカーができることに喜びを感じています。ロアッソ熊本のJ1昇格に貢献するために、まずは一日でも早く仲間として認めてもらえるよう、トレーニングから積極的に頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で