コンサドーレ札幌は7日、今季愛媛FCで18得点を挙げたストライカー内村圭宏選手の加入を発表しました。正式な選手加入発表はFC東京からの藤山に続いて2人目です。

内村には26節での対戦で1点決められてるんですよね。スピードがあって1人でも突破してくるし裏も狙っているし怖い相手でした。その選手が札幌に加入ということで頼もしい限りです。ようこそ!

今年は札幌に縁のある選手が続々と契約満了発表されているので、資金に少しでも余裕があれば獲得に動けそうなものなんですが、こういう状況だとなかなか難しいですね。そうした厳しい財務にあって、少ない補強ながら狙いを明確にしてピンポイントで獲得に動いている感があるので、圧縮される人件費を承知の上で契約切れ選手ではなく敢えて獲りに行った内村には相当な期待があるんだろうなと感じます(移籍金などの詳細は幾らくらいなのかは分かりませんけれど)。

愛媛で3シーズン過ごし、いよいよ今年ブレイクした内村ですが、札幌の石崎サッカーの下で、来年は今年以上に活躍してくれる事を期待します。愛媛は札幌を契約満了となった謙伍にオファーを出しているとの情報があったので、話がうまく纏まってお互いに良い形の移籍になればいいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で