昨年は反則ポイント134を獲得し、J1所属18クラブ中ワースト2位で反則金を科されたコンサドーレ札幌ですが、今年もやってしまいました。全くありがたくないお話。


J2は反則ポイントの年間合計数が153ポイントを超えた場合に、当該Jクラブに対し反則金を科すものとする。とあります(Jリーグ公式サイト:ニュースリリース:2009Jリーグ アンフェアなプレーに対する反則金)。

札幌の2009シーズンの反則ポイントは175ポイントで、J2所属18クラブ中ワースト3位という数字。80万円の罰金です。今年も審判の不明瞭なジャッジに何度も苦しめられたりもしましたが、他のクラブだってそういう不満は当然あるだろうし、余計なファールを減らしていく努力はしていくべきですよね(と、去年も書いたっけ)。

ベガルタ仙台はJ2を優勝してJ1復帰、なおかつ反則ポイント17という素晴らしい成績。Jリーグアウォーズではフェアプレー賞を受賞しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で