去年はオシムが札幌の監督にというネタで盛大に踊ったわけですが、今年は磐田との契約を終えた中山雅史選手の移籍先は、札幌が最有力との記事がニッカンに(ゴン移籍先は札幌最有力 代理人が初交渉)。横浜FCが有力なんて記事もどこかに出ていましたけれど、地元札幌のローカルニュースでもこの件が石崎監督の映像付きで報じられたそうで、オシムネタよりは信憑性高そうです。また石水パパ絡みかな?

藤山に続いて、2人目の補強もクラブ生え抜きの大ベテラン。プロ意識の向上であるとか、精神面の強化への取り組みはかなり本腰であると言えそうです。それに普段サッカーを見ない市民にも名前が知れている数少ない選手ですから、集客効果や広告的にもよい影響があるかもしれません。来年は試合数がぐっと減りますし、かといっても入場料収入はしっかりと確保しなくてはなりませんから。まあ置物では困るので、ある程度活躍してもらわないとダメでしょうけどね。

獲得については賛否両論あるようですが、生え抜き選手である謙伍や、ある程度貢献していた元気を切ったことと、このゴン獲得の一件は別に考えた方が良いと思いますね。2人はあくまでも成績面でクラブの求めている部分に届かなかったわけで(これが相当結果を出していたならまた話は別ですが、特に謙伍は環境を変えた方が今は良い結果に向かいそうだし)。

ゴンに関しても現役選手である以上、試合で評価される部分も勿論多くあるでしょうが、彼らとは別の役目を期待されているのではないかなと。ジュビロ磐田においても精神的な支柱でしたし、2002年のW杯日本代表で10番を背負ってキャプテンシーを発揮しました。まだ決まって無いですけど、もしこれが決まったらベテラン組が相当暑苦しいことになりそうですね。

シーズン中にも関わらず、先月ゼビオでトークライブを行っていたのは、もしかして既に獲得の打診があったからかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で