51試合あった2009シーズンも、残すところホームとアウェイ1試合ずつとなりました。ホームでは横浜FCと、アウェイの最終戦は東京ヴェルディと対戦です。そしてホームの札幌ドームで開催される明日29日の試合は、札幌の2000年代を象徴するミスターコンサドーレ、曽田雄志選手の現役最後の試合でもあります(出られるならば)。ホーム最終戦とチームの象徴的な選手の引退が重なったと言う事で宣伝量も多く、引退する曽田自らがメディアに出ずっぱりなんだとか。

DF ではきついということで出るならFWでと言う事ですが、サッカーの場合、基本的に試合は止まらずにずっと流れていますから、温情で出せるような試合展開にはなかなかなりにくいんですね。もし出られるならばなるべく楽な場面で起用したいところです。もし何分かでも出場出来たなら、ホームのサポーターの前で、出来うる限りのラストファンタジーを見せてくれる事でしょう。試合後には引退セレモニーも予定されています。

ラストファンタジーってなんだよと思ってしまいましたが、公式サイトでも言われているのでそのまま使いますね(曽田雄志選手 引退記念「ラストファンタジーTシャツ」発売のお知らせ)。

引退は悲しいけれども、曽田も新しい形でクラブと関わるだろうし、コンサドーレ札幌もまだまだ続いていきます。次の10年への楔となるような、いい試合を見せてもらいたいものです。セレモニーまで中継してくれるかな?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で