コンサドーレ札幌は4日、今季U-18からトップに昇格したDF永坂勇人およびMF中原彰吾について、タイリーグのコンケーンFCへ期限付き移籍することを発表しました。


コンサドーレはコンケーンFCとクラブ間のパートナーシップをこの3月より結んでいて、トップやアカデミーにおける人材交流も提携内容の1つです。

タイサッカーリーグは、プレミアリーグを頂点とする3部制で、今回2人が移籍するコンケーンFCは2部のディビジョン1に所属しています(via: タイプレミアリーグに行こう!)。

タイリーグは近年急速に力を付けつつあるリーグですし、半年とはいえ海外文化からの影響も少なくなさそうです。コンケーンには名古屋や京都などにも在籍していた中谷勇介が所属しているということで、彼から得るものもあるでしょうね。

永坂 勇人 (ながさか ゆうと)

背番号29 DF
■生年月日: 1994年5月22日 19歳
■身長/体重: 186cm/77kg
■出身地: 北海道札幌市
■サッカー歴: 
真栄サッカースポーツ少年団(美しが丘緑小) - コンサドーレ札幌ユース・U-15(真栄中) - コンサドーレ札幌U-18

■永坂選手コメント:
『自らを厳しい環境におく事で、サッカーはもちろん、人間的にも成長するためのチャンスをもらう事ができました。
タイのサッカーは激しいとも聞いているので、半年間という短い期間ですが、多くのものを吸収して、来季こそチームの力になれるよう頑張ってきます。』

中原 彰吾 (なかはら しょうご)

背番号32 MF
■生年月日: 1994年5月19日 19歳
■身長/体重: 177cm/68kg
■出身地: 北海道札幌市
■サッカー歴: 
コンサドーレ札幌ジュニアサッカースクール - コンサドーレ札幌ユース・U-12(北野台小) -
コンサドーレ札幌ユース・U-15(北野台中) - コンサドーレ札幌U-18
■出場歴: 3試合出場0得点(7月4日現在)

■中原選手コメント:
『プロサッカー選手として成長するための大きなチャンスだと思い、今回この期限付き移籍の話を決めました。
様々な事を経験して、様々なものを得て成長し、来シーズンはチームの中心として戦えるような選手となって帰ってきます。』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で