セレッソ戦に向けて練習を続けるコンサドーレ札幌。紅白戦の中で石崎監督は、今季ここまでボランチと左サイドバックで起用されているキャプテンの上里を左サイドハーフに起用。後ろの左サイドバックに入っている石川と共に、サイド攻撃強化の意識付けを行っているようです。


これまでボランチと左SBで起用されてきた上里ですが、練習では左SMFに入っているようです。ボランチは守備力と展開力、長距離砲のあるダニルソンと、守備や運動量にはまだ難のあるものの、完全にボランチとして定着しその才能を開花させつつある宮澤の定位置。左SBには柏からやってきた石川。
ということで、ネガティブに見ると上里を起用するにはここしかないという場所。右に入っても面白いのかなと思いますが、右足をろくに使わない(使えない?)ので、右だと展開が限られてしまいます。

まだ慣れないのか「崩しにアイデアがなさ過ぎ。もう少し数的優位を生かさないと」と監督に注意されているようですが、彼の持ち味である高精度のロングボールを活かすためには中央の選手達がいかにペナルティーエリアに飛び込んで来られるかにかかっています。逆サイドにいる征也からの攻撃の時も然り。
ゴール前の人数の問題は、2トップになっていくらか改善されたものの、まだまだ足りません。ボランチも含めて、パスして終わりではなく、どんどん前線に顔を出して欲しいですね。ゴール前にこちらの選手を増やすことで相手のマークも分散しますし、選択肢も増えます。その分運動量や攻守の切り替えの速さをこれまで以上にしていかないといけませんが、上で通用するサッカーを目指して戦っている以上は、もっとスピード、運動量を要求されまし、応えていかなくてはいけません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で