コンサドーレ札幌に所属するFW横野純貴の、JFLツエーゲン金沢への期限付き移籍が本人ブログおよび公式サイトから発表されました。移籍期間は2012年7月20日から2013年1月31日まで。純貴は20日の午前まで札幌でトレーニングを行い、21日より金沢へ合流します。


純貴は北広島市出身で、2008年にコンサドーレ札幌U-18から昇格した生え抜き選手。泥臭くゴールを狙うプレーが持ち味で、2011シーズンはついに才能を開花させ、リーグ戦14試合で4得点をあげています。

ただ細かい怪我も多くてコンディションが安定せず、完全に監督の信頼を得るには至らず。なかなかコンスタントな出場機会を得られずにいました。今シーズンは1試合の出場にとどまっています。

今期のチーム構想を見るにシーズン初めから移籍するプランもあっただろうけれど、この時期の移籍となりました。金沢で成長して、その経験を来年のコンサドーレに還元出来るよう頑張ってきてもらいたい。

純貴は公式サイトにて
『突然ですがツエーゲン金沢に期限付き移籍することになりました。今回ツエーゲンさんから誘っていただき、試合に出て挑戦をしたい気持ちが強まり、シーズン途中での移籍を決意しました。
この移籍は自分にとって、来シーズンもコンサドーレでプレーするために必要なことだと考えています。ですからプレーはもちろんのこと、人間的にも成長して戻ってきたいと思います。金沢では自分のストロングポイントである、貪欲にゴールを狙う姿勢をJFLの舞台でも出し、より多くのゴールを決め、結果にこだわっていきたいです。
この移籍に関わってくれた札幌や金沢の関係者の皆さんに感謝しています。ゴールという結果でお返ししたいと思っています。
サポーターの皆さんにとっても、この移籍は突然のことかもしれませんが、自分の決断を理解してもらえると嬉しいです。コンサドーレのプライドを持って、それに恥じない活躍をしてきます。今後とも横野純貴に応援をお願いいたします』
と、コメント。

金沢のサイトでは
『コンサドーレ札幌から加入しました横野純貴です。自分の持ち味は最後まであきらめない気持ちとひたむきにゴールに向かう姿勢です。自分のゴールでツエーゲンの順位を上げられるよう全力でプレーします。応援よろしくお願いいたします』
と、コメントしています。

横野純貴 選手プロフィール

■ポジション:FW
■身長/体重:183㎝/72㎏
■生年月日:1989年10月7日(23歳)
■出身地:北海道北広島市
■サッカー歴:
ユニオンJrユースFC – コンサドーレ札幌ユース・U-18 – コンサドーレ札幌

■出場記録通算:
J1リーグ: 2試合0得点
J2リーグ: 29試合4得点
ナビスコカップ: 0試合0得点
天皇杯: 3試合1得点

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で