コンサドーレ札幌は11日、FWキリノが湘南ベルマーレへ完全移籍することを発表しました。湘南への移籍は報じられていたとおり。


キリノは加入した2009年は19得点と活躍しましたが、2010年はポストプレーを要求するチーム方針とスピードが持ち味の自身の特徴が合わなかったこと、怪我、そして相手に対策されたこともあって2得点。2011年は韓国の大邸へ期限付き移籍していました。

今年は札幌へ復帰しましたが、やっぱり怪我や方針と特徴の食い違いがあり能力を生かし切れず、出場機会を求めて今回の移籍となりました。

キリノは公式サイトで

『この度、出場機会を求めて湘南ベルマーレに移籍することになりました。自分はコンサドーレのチームメイトに、スタッフに、そして全てのサポーターには良い印象しかなく、このチームでプレーできたのは本当に大きな経験になりました。このチームは、これから必ず巻き返す力を持っています。自分は、湘南に移籍してJ1昇格に向けて頑張ります。これからは、違う道を歩みますが、来季はお互いJ1の舞台で戦いましょう!』

と、コメントしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で