コンサドーレ札幌は、7日のJ1第17節アルビレックス新潟戦後半に負傷したMF河合について、9日に札幌市内の病院で検査を受け、右膝内側側副靭帯損傷で全治6週間と診断されたことを発表しました。


河合はキャプテンとしてプレーでもメンタル面でも欠かせない選手なだけに、痛すぎる離脱。ただでさえ厳しいJ1での戦いが一層厳しいものとなってしまいそうですが、そうはいっても怪我は現実のものとしてあるわけで、1日も早い全快の復帰を祈るばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で