コンサドーレ札幌は23日、20日のトレーニング中に負傷し右膝半月板損傷と診断されたMF高木純平が、22日に札幌市内の病院で手術を行い、全治2ヶ月となることを発表しました。


純平は5月29日にも右膝クリーニングを受け、全治3週とされながら6月16日の仙台戦で早期復帰。しかしその試合で痛みが再発。ニッカンによると「違う痛みに変わってきた」と話していました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で