ナビスコカップ第6節。既に予選リーグ敗退が決まっているコンサドーレ札幌ですが、だからといって雑な試合をするわけにはいかない。チームとしては一戦一戦大事に、次に繋がる試合をしていきたいところ。


序盤に失点してしまう守備のもろさは相変わらずですが、この試合では下を向かずに攻撃陣が奮起し、そこから2点を決めてドローに持ち込みました。2失点を喫しましたがそれ以降は粘り強く辛抱した守備陣も、次に繋がるきっかけになっていけたらなと思いますね。

神戸は西野監督が就任して、新たなスタイルにチャレンジしているところ。前回対戦時も個々は強くてもチームの完成度がイマイチだったところで善戦して悪いイメージはありませんでした。

お互いに予選敗退が決まっていた中での試合でしたが、モチベーションも高く収穫がありました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で