コンサドーレ札幌は22日、19日のリーグ戦第12節鹿島アントラーズ戦で負傷したFW前田が検査を受け、左足もも裏肉ばなれで全治3ヶ月と診断されたと発表しました。


低迷するコンサドーレですが、主力選手にまたもアクシデント。今度は前俊が長期離脱となってしまいました。今シーズンはここまで前俊の個人能力任せの攻撃が多かったわけですが、頼みの選手が長期離脱となりプラン変更を余儀なくされます。

怪我人続出で状況はますます厳しくなりますが、結果が出てない中でチームの戦い方を見直すいい機会でもありますね。

にしても肉離れで全治3ヶ月というのはあまり聞かない長さです。前俊が交代するとまともにボールを繋げなくなることが多いので、一節でも早く復帰してもらいたいところ。早く治して復帰してね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で