コンサドーレ札幌に所属するDFノースが、6月に行われるW杯アジア最終予選に臨むオーストラリア代表メンバーに選出されました。ノースは5月26日の第13節サンフレッチェ広島戦(厚別)終了後にチームを離れ、代表チームに合流します。


加入当初は不安定なところも見られたノースですが、最近は慣れてきたのかフル代表らしい能力の高さを見せてくれています。時折見せる攻撃参加や、セットプレーからはターゲットマンとして得点の匂いを感じさせており、守備だけではなく攻撃面でもますます活躍してくれることに期待です。

日本と同じグループBに入っているオーストラリア代表は、6月8日にオマーン代表、6月12日に日本代表と対戦します。Jリーグ所属選手からはノースの他に、名古屋のFWケネディ、清水のFWアレックス、浦和のDFスピラノビッチ、千葉のDFミリガンが選出。

元コンサドーレ札幌所属でA代表に選出された選手は複数いますが、コンサドーレ在籍中のA代表選出は宏太以来?日本戦で出場するかどうか楽しみです。

選手プロフィール

3 ジェイド ノース(JADE NORTH)

■生年月日 :
1982年1月7日生まれ
■ポジション :
DF
■経歴 :
ブリスベーン・ストライカーズ※ ‐ シドニー・オリンピックFC※ ‐ パース・グローリーFC※ ‐ ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC※ ‐ 仁川ユナイテッド(韓国) ‐ トロムソIL(ノルウェー) ‐ ウェリントン・フェニックスFC※ ‐ FC東京 ‐ コンサドーレ札幌  
※は全てオーストラリアのクラブ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で