コンサドーレ札幌を運営する北海道フットボールクラブは16日、債務超過を解消するためのクラブの増資計画の実施に伴い、「コンサドーレ札幌サポーターズ持株会」新規会員の募集を発表しました。1口1万円から入会可能(最高95口まで)。


入会特典として、ホームゲーム無料招待(1口につき自由席を年間1試合)、ファンクラブ入会金免除などがあります。

持株会はHFCの株主ですが、持株会の会員は、あくまで「コンサドーレ札幌サポーターズ持株会」の1会員であり、HFCの株主にはなりません。持株会の会員になることで、間接的にクラブを支援する格好となります。

4月21日より申込用紙がシースペースや宮の沢のコレクションハウスにて配布される他、川崎戦以降のホームゲームでも配布されるとのこと。申し込み締め切りは5月24日まで。

順調に入金があれば債務超過は解消される見込みですが、営業赤字が続いている以上、近いうちに再び債務超過に転落するのは目に見えています。チーム成績同様、経営面でも厳しい時期が続きますが乗り越えたいところ。

クラブ公式サイトでは矢萩社長からのメッセージも掲載されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で