コンサドーレ札幌は6日、4月4日のナビスコカップ横浜F・マリノス戦で負傷したFW上原について、市内の病院で診察を受け、右第五中足骨骨折で全治2~3ヶ月と診断されたと発表しました。


上原は今シーズンもコンスタントに出場機会を得ており、マリノス戦はスタメン出場。しかし前半の33分に無念の負傷退場。しかも結構重傷でした。サイドバックに本格的に挑戦し、本人も勝負の年だと意気込んでいただろうに残念です。早く良くなってもらいたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で