2012J1 第4節。善戦しながらも結果がついてこないコンサドーレ札幌は(それだけ相手とまだ差があるということなんでしょうけど)、今節、鬼門も鬼門のアウェー、アウスタで清水エスパルスと対戦しました。


今はこれがベスト、と見ているのか単に変える選手がいないのか、スタメンは変わらず。

前半で今季全得点を叩きだしている山本が負傷退場というアクシデントがあり(全治4~5週と発表されました)、ますます厳しくなってしまいましたが、小野らを擁する清水を相手にも、技術の差はあれど決して手も足も出ないという状況ではありません。この試合でも少ないながらチャンスは作れていたし。まあそこを決めきれてないんですけど。

思い切りの無さであったりフォローの遅さであったり、ちょっと弱気になりつつあるのが気になりますね。結果が出ていないのでチャンスを大事に確実に運びたいのも分かりますが、J1ではJ2のようにいつまでもスペースを空けていてくれないのでね。

チャレンジしていける場面ではもっと積極的に行ってもらいたいです。

大島のコンディションが上がってきているようなのは好材料ですね。まだまだやれると思うし、惜しいシュート、ポストプレーもありました。

パスカット失敗からばたついて、守備を整える前に一撃食らってしまいましたが、その他は拙攻もありその1失点だけに止めました。んー、やはりここぞという時のJ1の集中、精度を前にすると失点に直結しますね。

過去のリーグ戦での対戦において4試合で15失点を喫している日本平で、相手のパフォーマンスがあれだったとはいえ(他人様のこと言ってられないですけど)シュート4本失点1で済んだのは悪いなりになんとかなっていたと言えるのかなとも思いますが、やはり善戦しているからには勝ち点3とは言わずとも1は取って、自信も少しずつ付けながら次へと繋げていきたいところです。こうした試合で0になるか1を積み上げるか、あるいはドーンと3を得られるかどうかっていうのは終盤で大きく響いてきますからね。

日時:2012年3月31日18:34キックオフ 会場: アウトソーシングスタジアム日本平
入場者数: 14,216人 天候: 晴、中風、気温10.9℃、湿度47%
 清水エスパルス 1 – 0 コンサドーレ札幌
得点
 高木 俊幸 49分
スターティングメンバー
 林 彰洋  31 GK GK 16 イ・ホスン34′
 吉田 豊  28 DF DF 7 高木純平
 岩下 敬輔  5 DF DF 3 ジェイド・ノース67′
 カルフィン・ヨン・ア・ピン  4 DF DF 29 奈良 竜樹
 イ・キジェ  33 DF DF 6 岩沼 俊介
 村松 大輔  2 MF MF 4 河合 竜二32′
 小野 伸二  18 MF MF 5 山本 真希38′
 46′河井 陽介  17 FW MF 32 近藤 祐介61′65′
 アレックス  7 FW MF 13 内村圭宏59′
 高木 俊幸  13 FW MF 17 岡本 賢明
 86′大前 元紀  11 FW FW 11 前田 俊介
控え選手
山本 海人 1  GK GK 1 杉山 哲
86′平岡 康裕 3  DF DF 25 櫛引 一紀
カン・ソンホ 30  DF MF 10 宮澤 裕樹38′
46′小林 大悟 10  MF MF 19 キリノ65′
枝村 匠馬 8  MF FW 23 大島 秀夫59′
84′69′ジミー フランサ 9  FW FW 26 上原 慎也
伊藤 翔 14 FW FW 33 榊 翔太
監督
 アフシン・ゴトビ 石崎 信弘
主審
 高山 啓義
副審
前之園 晴廣 / 蒲澤 淳一

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で