コンサドーレ札幌は、3月11日から14日の期間行われるU-19日本代表候補トレーニングキャンプメンバーに選出されていたDF奈良の、キャンプ参加辞退を発表しました。右内転筋痛の回復を優先させるため。


ニッカンの報じたところによれば、開幕のジュビロ磐田戦も痛み止めの薬を飲みながらのフル出場だったそう。試合終了のホイッスルを聞くと、そのままピッチへへたり込んでしまうほど消耗していたものね。裏では痛みとも戦っていました。それであれだけのパフォーマンスを見せるんだから、つくづく末恐ろしい選手だなあと感じます。

まずはしっかり回復してもらうことが先決ですが、次のヴィッセル神戸戦も相手FWとのマッチアップが楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で