コンサドーレ札幌のMF芳賀が左足底腱膜部分断裂の手術を行い、全治2~3ヶ月と診断されました。公式によると手術は5日に関東圏内で行われたようです。左足底部は昨季も悩まされていた箇所ですが、完治の難しい所のようでキャンプも別メニューが続き、なかなか完全復帰のめどが立っていませんでした。


今回の手術によって順調に回復すると夏前には戻ってこられるのかな。仙台戦にはなんとか間に合わせたいでしょうね。芳賀の運動量が無いと不安な部分も出てきますが、いない選手のことで憂いても始まらないですね。ピッチに立つ選手がカバーしあい、芳賀についてはしっかりと治して、そして1日でも早く復帰してもらいたいものです。

芳賀の手術により、先日手術を行った高柳、リハビリを続けているゴン中山、高原、曵地と合わせ、現在の離脱者は5名となりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で